2023 年のスタートアップ予測: 注目すべきトレンド、セクター、テクノロジー

公開: 2022-12-22

2023年が私たちに忍び寄っています。 何千人もの起業家が、新年にスタートアップを立ち上げる予定です。

彼らは不確実な世界に足を踏み入れています。 Covid-19 パンデミックが始まってから 3 年経った今でも、当時の教訓を学んでいます。

仕事は、従来のオフィス 9-5 モデルからより柔軟なものに移行しています。 そして、リーダーシップのスタイルは変化しています。

同時に、世界は流動的な状態にあります。 経済の不確実性はたくさんありますが、テクノロジーのエキサイティングな発展もたくさんあります。

新しいスタートアップは 2023 年をどのように乗り切ることができるでしょうか? スタートアップのトレンドを見ると役立ちます。

ここでは、スタートアップが 2023 年に注目すべきトレンド、テクノロジー、テクニックをいくつか紹介します。

1. ジェネレーティブ AI

デジタル化の加速は、ここ数年の大きなトレンドです。 その点では2023年も変わりません。

スタートアップがこれを行う 1 つの方法は、ジェネレーティブ AI を使用することです。

「ジェネレーティブ AI」は、多くのことをカバーする幅広い包括的な用語です。 最も単純に言えば、教師なし機械学習アルゴリズムを指します。 これらのアルゴリズムは、学習したことを使用して新しいものを作成 (「生成」) します。

たとえば、ジェネレーティブ コーディング AI はコードを生成する場合があります。 このコードは、AI が「学習」するにつれて、より複雑で洗練されたものになります。 この機能を使用して、バグを修正し、アプリの機能を改善できます。

ジェネレーティブ AI には危険性があります。 ディープ フェイクや虚偽のニュース記事などと関連している場合もあります。 ただし、正しく使用すると、多くの便利なアプリケーションがあります。

  • ジェネレーティブ AI は、退屈で反復的なデジタル作成作業を自動化するのに最適です。 たとえば、デジタル画像やオーディオ ファイルを編集して、鮮明でクリアな結果を得ることができます。 この種の作業は、人間のエンジニアにとっては骨の折れる退屈なものですが、ジェネレーティブ AI なら簡単です。
  • Generative AI は、テスト用のモデルを迅速に作成できます。 これらは、天気予報から視聴者調査まで、あらゆることに役立ちます。
  • ジェネレーティブ AI は、ブログやソーシャル メディアの投稿などのコンテンツのアイデアを思いつくことができます。
  • ジェネレーティブ AI は、デジタル プロトタイプを非常に高速に作成できます。 これにより、研究開発がスピードアップします。

2.NFT

NFT(Non Fungible Token)はますます人気が高まっています。 美術工芸の新興企業は、それらを使用して迅速な現金を生み出し、顧客ベースを構築しています。

NFTはオリジナルのデジタルアイテムです。 通常、NFT はアートワークまたはデジタル デザインですが、何でもかまいません。 誰かが NFT を購入すると、完全にユニークなものの所有者になります。 これは一部の顧客にとって非常に魅力的です。

NFT は、スタートアップがいくつかの方法でスケーリングするのに役立ちます。

  • 無料の NFT は、優れた損失リーダーです。 製造と鋳造に費用はかかりませんが、顧客に大きな価値をもたらします。 そのため、無料の NFT を配布することで、ブランドは新しい顧客を獲得し、コミュニティを構築できます。
  • NFT はすばやく簡単に作成できます。 したがって、NFT を販売することは、利益を押し上げる手っ取り早い方法です。
  • NFT は、ブランドが創造性を発揮するのに役立ちます。 彼らはあなたのものを世に出し、同時にお金を稼ぐための素晴らしい方法です.

ブランドは、イベントを開催する際にチケットの楽しい代替手段として NFT を使用することもできます。 これにより、参加者はイベントが終わった後もユニークなものを保持できます。

3.IoTの活用

モノのインターネットは、インタラクティブな冷蔵庫以上のものです。 暖房システムから自転車まで、あらゆるものをデータ ポータルにすることができます。

IoT は、数年前からクリティカル マスに達しています。 2023 年には、これまで以上に広範囲にアクセスできるようになります。

本質的に、IoT デバイスは通信ゲートウェイです。 すべてのコミュニケーション ゲートウェイは、顧客との関係を構築するもう 1 つの機会です。 ただし、スタートアップは注意が必要です。 消費者は、自分の冷蔵庫が無作為にブランド広告でいっぱいになると、満足しません。

IoT をマーケティングやコミュニケーションに使用する場合は、顧客にコントロールを任せてください。 そうしないと、強引で押し付けがましいブランドと見なされる可能性があります。 そして、ブランドと顧客の関係を構築しようとしているときに、それは最も避けたいことです。

スタートアップは、IoT を使用してビジネス プロセスを促進することもできます。 スマートトラッカーのようなものは、オフィス管理に役立ちます。 インテリジェントなセキュリティ機能により、侵入の可能性を警告できます。 中小企業向けのカード リーダーは、取引データを CRM に直接送信できます。 IoT を使用して、生産機械に指示を送信することもできます。

4. サイバーセキュリティのアウトソーシング

クラウドベースのサービスへのアウトソーシングは、ここ数年のビジネス トレンドです。 2023 年には、CSaaS (Cyber​​security as a Service) が巨大化する予定です。

サイバーセキュリティは非常に重要です。 サイバー犯罪は増加の一途をたどっており、その手口は日々巧妙化しています。 サイバー犯罪は、2025 年までに世界経済に毎年 10.5 兆ドルの損害を与えると考えられています。

同時に、サイバー攻撃に対する罰則はますます深刻になっています。 GDPR や CCPA などの法律は、顧客データを保護できないブランドを厳しく取り締まります。 GDPR の下では、企業は年間総売上高の 4% までのデータ侵害の罰金を科される可能性があります。

そのため、ブランドがサイバーセキュリティを最優先することが重要です。 これを行う最善の方法の 1 つは、サイバーセキュリティを専門家にアウトソーシングすることです。

クラウドベースのサイバーセキュリティ企業には、スタートアップにとって多くの利点があります。

  • 高度な専門知識を手頃な価格で提供します。 多くのスタートアップは、有能な社内サイバーセキュリティ チームを雇うためのリソースを持っていません。 アウトソーシングすることで、必要な専門知識を手頃な価格で手に入れることができます。
  • 彼らは24時間サービスを提供します。 CSaaS チームは、業務全体をクライアントのシステムの保護に専念させることができます。 そのため、ブランドはサイバーセキュリティを心配することなく、顧客に専念できます。
  • 彼らは利用可能な最も洗練されたセキュリティ技術を持っています. 上位のサイバーセキュリティ システムは、所有するのに費用がかかります。 CSaaS企業を採用することで、スタートアップは初期費用をかけずにハイエンド技術の恩恵を受けることができます.

5. 意識的な起業家精神

現代の消費者が良心を持っていることは周知の事実です。 ミレニアル世代は、これまでで最も倫理的な消費者グループです。 そしてジェネレーション Z とアルファは、意識的な消費主義においてミレニアル世代をしのぐことを約束しています。

これらの意識の高い消費者を引き付けるために、スタートアップは意識の高い起業家精神を実践する必要があります。 ブランドは、その行動の倫理的影響を軽減するために懸命に取り組む必要があります。

意識的な起業家精神とはどのようなものですか? まあ、それは単一のものではありません。 それには、すべての行動 (そして思考さえも!) において倫理的であるための包括的な努力が含まれます。

意識的な起業家精神を実践するためのいくつかの実用的な方法を次に示します。

  • 環境を保護するための積極的な措置を講じます。 持続可能な素材を使用する、二酸化炭素排出量を低く抑えるなど。
  • 思いやりのあるリーダーシップを促進します。 つまり、従業員を人間性と敬意を持って扱い、オープンで協力的な文化を構築するなどです。
  • 慈善活動と保護活動を通じて恩返しをします。
  • チェーンが倫理的であることを確認します。 たとえば、従業員や環境を搾取するサプライヤーとは協力しないでください。 倫理的でないブランドがあなたのプラットフォームに広告を掲載するのを許してはいけません。 また、倫理観が自分のブランドと一致しないブランドとは提携しないでください。

6.VR

没入型の消費者体験は、B2C の未来です。 VR は没入型体験の未来です。

企業はすでに VR を使用して、インターネットを通じて製品を販売しています。 量販店で大人気です。 ここではいくつかの例を示します。

イケア

IKEA などの家具会社は、VR と AR を使用して、顧客にショールームのバーチャル ツアーを提供しています。

これは、オンライン カタログで写真を表示するよりもはるかに効果的です。 VR を使用すると、顧客は製品の周りを「歩き回り」、その形状と寸法を適切に感じることができます。

トミーヒルフィガーとH&M

Tommy Hilfiger や H&M などのファッション小売業者は、仮想ショールームを使用しています。

これらは実際のファッション ショッピング体験を再現していますが、決定的な違いがあります。 仮想ショールームは混雑することはありません。 アシスタントは気を散らされることはありません。 誰もがあなたの名前を知っており、誰もがあなたのために時間を割いています。

VR は、洋服の買い物客に没入型でパーソナライズされた充実した体験を提供します。

エンジニア

エンジニアリングと建設のブランドは、VR を使用して安全なデモンストレーションを行うことができます。 たとえば、完全に機能するプロトタイプを作成して表示するのは、費用がかかり、安全ではない場合さえあります。

しかし、デジタル プロトタイプを作成して VR で表示することは、優れた代替手段です。 VR を使用することで、企業は低コストで安全に製品を試すことができます。

7. ハイブリッド/リモート作業

パンデミックの労働条件により、世界の目がリモートワークの可能性に開かれました。 可能性を目の当たりにした従業員は、9 時から 5 時までオフィスに戻ることをためらっています。

ハイブリッド/リモート作業ポリシーを採用することは、ビジネスにとって非常に良いことです。 中小企業なら特に。 多くのオフィス スペースを必要とせず、従業員の出張費を支払う必要がないため、諸経費を節約できます。

たとえば、ウェブサイトのデザインはリモートで行うことができます。 これにより、Web サイトの開発コストが大幅に削減されます。

従業員の駐車場、オフィス スペース、光熱費の費用を支払う必要はありません。 オフィスを運営するだけで、すぐにコストが加算されます。

ハイブリッド ワークは、従業員の満足度と生産性さえも向上させます。 しかし、人々はさまざまな方法で働いていることを忘れないでください。

完全にリモートであることを好む従業員もいれば、ハイブリッド アプローチを好む従業員もいます。

次に、リモート技術により世界中の人々にアクセスできるという事実があります。 リクルーティングはもはや、オフィスから通勤できる距離内に移動するよう人材を説得することではありません。 代わりに、世界が提供できる最高の才能にアクセスできます。

8. リーダーシップスキルへの投資

パンデミックは、社会に関する多くの不快な真実を明らかにしました。 そのうちの 1 つは、管理職や CEO だけで十分ではないことが多いということです。 リモートワークへの移行は、しばしば混沌としていました。

2020 年以降、世界の労働人口は 7% がリモートで、16% がリモートで、40% がハイブリッドになりました。 これは大規模な変更であり、うまく行けばスタートアップに利益をもたらす可能性があります。

管理者は、管理する物理的なスペースがなくてもがき苦しんでいました。 CEO は、従業員のニーズに対応するのに苦労していました。 その結果、まとまりのない、柔軟性のない混乱が生じました。

パンデミックで成功した企業には、優れたリーダーシップという共通点がありました。 彼らのリーダーとマネージャーは柔軟で組織的でした。

彼らは従業員の話を聞く準備ができており、聞いたことに基づいて行動しました。 彼らは従業員のフルフィルメントの価値を知っており、模範を示してリードしています。

パンデミックのような状況が二度と起こらないことを願っています。 しかし、リーダーシップ スキルは、世界的なパンデミック以外にも役立ちます。 効果的なリーダーシップは、スタートアップがでこぼこした最初のステップを通過し、迅速に拡大することを確認できます。

そのため、すべての管理レベルでリーダーシップ スキルに投資することが重要です。 生き残り、繁栄し、規模を拡大したいスタートアップは、優れたリーダーを育成する必要があります。

9. 業務の効率化

2022 年の主要なスタートアップのトレンドは、AI を使用して従業員の満足度を高めることでした。 これは2023年まで続くようです。

AI は、平凡で反復的なタスクを取り除くのに最適です。 これにより、従業員はより充実した仕事に取り組む時間を確保できます。 ワークフローを合理化し、従業員の満足度を向上させます。

時間のかかる単調な作業をなくすことで、燃え尽き症候群のリスクも軽減されます。

同様に、リモートワークは不必要な通勤時間を大幅に削減します。 これにより、労働者は通勤によるストレスや気を散らすことなく、仕事に集中することができます。

全体として、仕事から余分な余分なものが取り除かれています。 平凡で反復的なタスクはもう必要ありません。 不要な通勤はもうありません。 会議でさえ、リモート通信技術によって革命が起きています。

これは、仕事がより合理化され、より集中され、より充実したものになることを意味します。

2023 年にテックと倫理が支配するスタートアップ

仕事の世界は変化しており、スタートアップはまさにその変化の最先端にいます。 2023 年の新しいスタートアップは、パンデミック後の複雑な世界をナビゲートする必要があります。

トレンドを注意深く見守ることで、スタートアップは確実に時代の先を行くことができます。 2023 年は、技術と倫理がすべてです。

ジェネレーティブ AI と自動化により、スタートアップは新しいものを迅速に生み出すことができます。 また、ワークフローを合理化し、従業員の満足度を高めることもできます。

モノのインターネットは、顧客とつながる新しい機会を提供します。 しかし、良心的なブランドは、押し付けがましくなるのは非倫理的であることを覚えておく必要があります。 スタートアップ企業は、IoT の可能性と、顧客および従業員のプライバシーとのバランスを取る必要があります。

NFT は、顧客の注目を集め、手っ取り早くお金を生み出す楽しい新しい方法です。 また、あなたのものを紹介する倫理的な方法にもなります。 良心的な企業は、持続可能な方法で生産するのに苦労するかもしれません。 デジタル NFT は、100% グリーンではありませんが、かなり持続可能です。

ハイブリッド/リモート ワークと VR は、ブランドのリモート オプションを拡大します。 これにより、二酸化炭素排出量が削減され、従業員の生活が楽になります。

優れたリーダーは、道徳的な選択を行い、テクノロジーを倫理的な利点のために使用します。 そして常に、優れたサイバーセキュリティで顧客データを安全に保つために最善を尽くします.